天地真理 春の風が吹いていたら

                     ある少年のプレゼント

2010-10-26
未分類
p2.jpg

 真理ちゃんの趣味は?というとそれは靴のコレクション。
 真理ちゃんが靴を集めだしたのは芸能界に入ってからだそうです。
 当時、真理ちゃんの趣味が靴だったと知った全国のファンからいろんな靴が贈られてきて
 真理ちゃんの部屋はちょっとした靴屋さんみたいになってしまったそうです。
 そのたくさんある靴の中で真理ちゃんが一番大切にしている靴があったそうです。

 それは映画「虹をわたって」のロケのお昼休みに大勢のファンが集まりサインをしている時に
 16才ぐらいの少年が顔を真っ赤にしながら新聞紙に包んだ物を真理ちゃんに差し出しました。
>真理・「なにかしら?」
 と尋ねると少年は
>少年・「靴なんです、ぼ、ぼくが初めてこの手で作った靴なんだ。
  10日かかってやっとできたんだけど、かっこ悪くて真理ちゃんには合わないと思う。
  でもぼく真理ちゃんのために一生懸命作ったんだ。嫌だったら捨ててもいいよ。」
  と喋り終わるとその場からサッと姿を消してしまいました。

 そしてその夜、ロケを終えてマンションに帰った真理ちゃんは早速包みを開けてみました。
 現われた靴はまるで男性が履くような大きくて頑丈そうな靴でした。
 また縫い目が凸凹しています、左右の型も合っていません。
 これではとても履けそうにないと思った真理ちゃん。
 しかし
>真理・「彼はどっか遠くの田舎から上京して見習工として靴屋さんで働いているんだわ。
 綺麗な靴はお金を出せば買える、でもこの靴はどこにも売ってないわ。
 あの少年の真心と誠意が滲んでいる靴。大切にしなくちゃ…」
 そう思うと胸がジーンと熱くなった真理ちゃん。

 それから一ヶ月後、テレビ局の前で車を降りた真理ちゃんは大勢のファンの中にあのときの少年をみつけました。
 そしてファンをかきわけて少年に近づいた真理ちゃん。
>真理・「こないだは手作りの靴ありがとう、一生大切にするわ、頑張ってね。」
 と声をかけました、すると少年は感激のあまり目には涙をうかべてしまいました。
 少年とは一ヶ月前にロケ先でちょっとだけ会っただけなのに少年のことを憶えていた真理ちゃん。
 どこまでも一人のファンを大切にする真理ちゃんでした。



Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.