天地真理 春の風が吹いていたら

                  1973/日本歌謡大賞と真理ちゃん

2011-12-09
未分類
z2
z6.jpg
z3.jpg
z4.jpg

  1973/日本歌謡大賞と真理ちゃん

  早いもので、もう12月です。12月といえば恒例のレコード大賞、日本歌謡大賞がありました。
  しかし残念なことに日本歌謡大賞は第24回(1993年)をもって終了してしまいました。
  私もよく12月はこのふたつの番組を楽しみにしておりました。

  こちらに第4回(1973年)の日本歌謡大賞の写真があります。
  司会は高島忠夫、寿美花世、ご夫妻です。日本武道館から日本テレビで放送されました。
  このときの日本歌謡大賞はジュリーの『危険なふたり』でした。

  真理ちゃんもでていましたが、このときはなにも賞は貰えなかったようです。
  ですので真理ちゃんの手にはなにも持っていません。73年といったら真理ちゃんの全盛期のはずです。
  真理ちゃんの代表曲のひとつ『恋する夏の日』は73年7月のリリースです。
  オリコンヒットチャートでも6週に渡り第1位を獲得しました。
  この曲はソニーが開発した4チャンネル・ステレオSQ方式に対応していて華やかさが更に強調されているそうです。

  同年73年には真理ちゃんは埼玉西武園ユネスコ村での『天地真理と3万人のウィークエンド』コンサートを開いています。
  そこに集まったファンは一説には10万人はいただろうと言われています。
  (ユネスコ村は1990年に閉園となりました)

  73年5月には真理ちゃん主演映画『愛ってなんだろ』が封切られています。
  同73年では真理ちゃんはブロマイド年間売上枚数が女性部門で1位にもなりました。
  さらにブリジストンからは自転車『ドレミ真理ちゃん』が発売されました。
  73年の春の選抜高校野球甲子園大会では真理ちゃんの『虹をわたって』が入場行進曲に選ばれました。

  これ程の大活躍した73年の真理ちゃんなのに、それがなにも賞が頂けなかったなんて何故か腑におちません。
  やはり真理ちゃんはレコ大(TBS)寄りなのでしょうか…

  1973年の最大の出来事はオイルショックでした。これにより紙資源の不足から週刊誌や雑誌等の頁数が軒並み減ってしまいました。
  もしこのオイルショック騒動がなければ真理ちゃんに関係した書籍がもっとあったのではないかと悔まれます。

  西武園とユネスコ村をつなぐ道にSL機関車が走っていましたが、この機関車に『真理ちゃん号』と真理ちゃんの名前がつけられたのです。
  交通機関の車両にアイドル歌手の名前がつくなんて異例のことでした。
  路線には橋梁もあれば踏切もあり春には満開の桜の中を走る、まさにおとぎの列車だったそうです。
  この路線は新交通システムの導入により、SLは廃車となり後に西武園遊園地の列車レストランポッポにその役わりを変えました。
  (現在は休止されています)


Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.