天地真理 春の風が吹いていたら

                  真理ちゃん憧れの寅さんとデイト♪

2013-06-24
未分類
vb1.jpg

vb5.jpg

  真理ちゃん憧れの寅さんとデイト♪

  春の日射しがいっぱいの日比谷公園。
  われらが真理ちゃん、前からもう一度、会いたくてしかたなかったフーテンの寅さんこと、
  渥美清さんと楽しいひと時を過ごしました。
  先ずは真理ちゃんが初めて渥美清さんと会った話から始まりました。


  ご近所同士なの!

 >真理 ずっと前、夜ドテラで散歩していましたよね。 
 >渥美 よく覚えているねぇ。ボクは家の近所は、どこえ行くんでも、ドテラかパジャマなんだ。気楽だからね。
 >真理 突然「天地さん!」ってよぶから、誰かと思ってびっくりしちゃたんですよ。

  真理ちゃんは、東京渋谷のとある高台に住んでいます。渥美清さんもこの高台に住んでいます。
  偶然に初めて会ったとき、真理ちゃんは、「渥美清さんって優しそうな人だな」と思ったそうです。
  記者が誰とデートしてみたいか真理ちゃんにたずねたら、すぐに渥美さんの名前が出てきました。


 >渥美 真理ちゃん、住所は内緒にしているんでしょ?
 >真理 はい、前住んでいたアパートで、朝ドンドン戸を叩いたり電話をかけてきたりする人がいたんで、今度の所は、
      人に言わないようにしているんです。
 
 >渥美 ボクはねぇ、40すぎて結婚した男だから、独身のころは女の人が「住み込みで女中さんにしてください」なんて、訪ねてきたりしたよ。
      女の人にも変わった人がいるんだよ。
 >真理 渥美さんに頼めば、ダメって言われない感じがします(笑) 
 >渥美 人が好さそうに見えるんだ?今でも強引に弟子入りしたいっていう人がたずねてくるよ。
 >真理 渥美さんって、お弟子さんはいないんですか?
 >渥美 弟子なんていませんよ。弟子を持つほど、偉くないです(笑)
 >真理 あたし、お弟子さん第1号にしてもらいたいなァ(笑) 
 >渥美 ウ~ンこまったなァ(笑)

 はじめ、少し硬くなっていた真理ちゃんですが、予想通り、やさしい渥美さんにすっかり懐いてしまいまいた。

 次号『若さって最高』に続く。

fk5.jpg

     若さって最高!

 >真理 渥美さんって一見、家に閉じこもって本ばかり読んでるって感じがしますよ。
 >渥美 ホントは外をウロウロほっつき歩くのが好きなんだよ、パジャマで(笑)
       でもね、真理ちゃんぐらいの若い人とおしゃべりしていると、今の若い人はスマートだなァって思うよ。
 >真理 あれっ、渥美さんも若い感じがしますよ。そんな年ですか?
 >渥美 ボクは前武(前田武彦さん)と同じ40代だよ。アイツとは仲いいんだけど、司会なんか見ているとチョッと強引なところあるね。
      アレは、40すぎの人の欠点だね。今の若い人はスカっとしているよ。
 >真理 渥美さんは、あたしぐらいの年のころ、どんな感じだったんですか? 
 >渥美 真理ちゃんは、今いくつ?
 >真理 21歳です。
 >渥美 今から24年も前の話だよ。アメリカ兵が東京中にいて、オートバイのケツに乗せてもらって、上野や御徒町をうろつきまわっていたよ。
      みっともない青年だったね。
 
 >真理 あたしなんか、まだ生まれてなかったんですね。 
 
 >渥美 想像もつかないでしょう。東京もきれいな町だったよ。
 >真理 写真なんかで、東京のバラック風景みたことがあります。
 >渥美 もう写真でしか見らない、町の外観も変わったけど、住んでいる人も変わったね。
      昔の男は義理人情なんていって、未練たらしいところがあったよ。
 >真理  今はワリとドライに割りきって考える人が多いですね。
 >渥美 そうだね。だけど、今とか昔っていうんじゃなくて、若いっていうのは、とにかくいいね。

     ふる~い女の子

 >真理 渥美さんもすごく若く見えますよ。35歳ぐらいに見えますね(笑) 
 >渥美 からかっちゃダメだよ。てれちゃうなァ(笑)
      むかしは物が無かったし、汚い服を着ていたけど、ボクらの若いころもよかったよ。
      戦争が終わってすぐ後、遠くから見ている幸せ、みたいなものがあったね。  
 >真理 遠くから見ている幸せですか?
 >渥美 好きなもの同士が口きくのも恥ずかしくって、チラッと見合って道をすれ違うみたいな気持でね。
 >真理 あたしも、そういう気持すごく、よくわかります。 
 >渥美 真理ちゃんも、きっとふるいところのある女の子なんだよ。昔は男の方が、そういうロマンチックなところがあったよ。

  渥美さんと真理ちゃんは、仕事の話をしたり、忙しいとイライラするとか、風邪ひくとダメだからと、
  渥美さんのアドバイスをもらいました。それから真理ちゃんの大好きな旅行の話がはじまりました。


  次号『外国旅行』に続く。

ng.jpg

   外国旅行

 >真理 あたし、今月の終りにヨーロッパに行くんです。 
 >渥美 女の子はやっぱり、ヨーロッパかもしれないね。ボクはアフリカが大好きなんだ。
      アフリカっていういと、ジャングルと猛獣を想像するけど、そうじゃないんだよ。
      北海道の原野の何百倍、何千倍の広さの雄大な草原なんだ。
 >真理 ヨーロッパの次はアフリカに行ってみます。
 >渥美 アフリカは汚いところは、汚いんだ。ウンコなんかあちこちにあるし、
      でも太陽の直射日光で、乾いて、パサパサの煙草のすいがらみたいになっちゃう。
      臭いも重さも無くなって風がふくとくずれて、土にもどっていくんだ。
 >真理 人間がまだ、自然の中で抵抗なく生活しているんですね。
      やっぱり日本と同じようなことで、笑ったり、怒ったりするのかしら?  
 >渥美 そう、だけどアフリカには日本みたいに若い人が自殺したり、心中したりなんてことがないんだ。
 >真理 なぜかしら?不思議ですね…

  日比谷公園を歩きながら、真理ちゃんと渥美さんの、おしゃべりは続きました。
  渥美さんのおもしろい話に笑ったり、うなづいたりしながら、この時は真理ちゃんは、若いふつうの女の子にもどっていました。

  また渥美清さんはこの対談とは別に、真理ちゃんと映画『男はつらいよ』に是非共演したいともいっていました。
  寅さんと真理ちゃんの共演は正に夢のコンビですね^^


 以上で『真理ちゃん憧れの寅さんとデイト♪』は終わりです。

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.