天地真理 春の風が吹いていたら

                ウッドコーン・スピーカーで聴く真理ちゃんの歌♪

2014-03-28
未分類
dd.jpg
cn7.jpg
cn4.jpg

  ウッドコーンスピーカーで聴く真理ちゃんの歌♪

  今回は今音楽ファンやオーディオマニアの間で評判のビクターのウッドコーン・スピーカー話題です。
  このウッドコーンスピーカーはスピーカーの振動板に木を使った今迄に無い画期的なスピーカーです。
  昔からスピーカーの振動板には、いろんな素材が使われていますが、圧倒的にコーン型が多いようです。
  ウッドコーンスピーカーの開発には20年以上の歳月をかけたビクターの力作です。
  何と言ってもその最大の特徴は木の響きにあります。木の響きを利用した楽器は多数ありますね。
  私もこのビクターのウッドコーン・スピーカーを是非聴いてみたいと思うようになりました。
  でも9㎝のフルレンジ1発でどこまで、リアリティーが出せるのか一抹の不安もありました。
  リアルな原音再生、楽器類、女性ボーカルが艶やかで生々しい、サイズからは想像もできないスケール感、等…
  ほんまかいな?

  最高のフルレンジ・スピーカー?
  しかしここは意を決してえ~いと買ってしまったのです(笑)
  最初にこのスピーカーを手に持った感想は、かっ軽いそれもその筈、重量は2キロしかありません。
  先ずは最初の音だしの感想はキレイな音だな~と感じました。スケール感も結構あります。
  なによりもフルレンジですので、音源が一点から出るので、非常に聴きやすいです。
  また スピーカーの位置(高さ)が耳に近いので、これもグッドです。
  このスピーカーはエージングをすると、ウッドコーンは激変すると言われているので、
  私も時間のある時は音楽を流し続けていました。
  数十時間のエージングを経ると、マイルドで低音も出るように成ったような気がします。

  真理ちゃんの歌声が生々しい
  このウッドコーンスピーカーで聴く真理ちゃんの歌声は、透明感があり艶やかで生々しいです。
  今ではウッドコーンスピーカーの魅力にハマってしまい毎日のように音楽を聴いています。
  最近はネットは休業状態です(笑)

  LPレコードで聴く真理ちゃんの歌
  それと私は真理ちゃんの歌はなるべくレコードで聴いています。
  やはりレコードで聴くことにより、あの70年代の真理ちゃんを想いうかべる事ができるからです。
  大きなLPジャケットを見ながら聴く真理ちゃんの歌は別格です。CDではこのような感激はありません。
  またCDの音は五月蠅くて、なにか耳に突きささるような感じがしてなりません。
  一方レコードの音は耳に優しく音量を上げても、さほど五月蠅くは感じません。

  レコードvsCD
  レコードvsCDは例えると「レコード(アナログ)は新鮮な生の食材を使っての料理」
  CDは「新鮮な食材を一旦冷凍にして、それを解凍しての料理」どちらが鮮度が良いのかは…
  ただレコード(アナログ)は生の食材ですので、傷みやすく酸化もしやすいです。
  CDは食材を一旦冷凍にしていますので、長期的な使用では有利です。)
  これらの理由から今でも音質の面で有利なレコードに愛好家がいるのも頷けます。



Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.