天地真理 春の風が吹いていたら

      『古賀ミュージアム。酒井政利のJポップの歩み』第14回・天地真理Part2

2012-01-29
未分類
dg.jpg
                                ミュージアム講座、入場パンフレット

dg1.jpg


  『古賀ミュージアム。酒井政利のJポップの歩み』第14回・天地真理Part2

  本日(28日)『古賀ミュージアム。酒井政利のJポップの歩み』
  第14回・天地真理Part2へ行ってまいりました。
  会場は東京の渋谷代々木上原です。私はこの『古賀音楽博物館』へ行くのは初めてでした。
  初めてみる『古賀音楽博物館』は重厚感のある素晴らしい会場でした。
  開演一時間前にもかかわらず、すでに多数の来場者が並んでいました。
  開演間じかには長蛇の列です。会場内では真保ちゃんのカレンダーが販売されたいました。
  座席は前の方に座ったでしょうか。前方を見ると左右にホーン型の巨大なスピーカーが鎮座しています。
  さすが音楽イベント会場です。会場内は満席の状態です。それでも参加者が多くて臨時に座席を並べたほどです。

  そして開演の定刻の2時になると司会者が酒井政利さんを紹介しました。
  先ずは酒井政利さんが一人でステージに登場し60年代、70年代の日本の歌謡音楽の歴史を懇切丁寧にお話をしてくださいました。
  約20分ぐらいはお話したでしょうか、そして酒井政利さんの呼びだしで真理ちゃんが登場しました。
  真理ちゃんは、直ぐグランドピアノに座り『水色の恋』をフルバージョンで演奏したのです。
  初めて聴く真理ちゃんの生でのピアノ演奏は全盛期を想わせる、素晴らしい演奏でした。
  今回の真理ちゃんの衣装はパンツルック?にセーターの出で立ちです。髪も少しショートカットでした。
  そしてピアノ演奏が終わり、酒井政利さんの座っている隣にすわりました。

  今回はネットで応募した真理ちゃんの歌のベスト25の発表です。
  25位からCD音源をハーフまたはフル音源で一曲づつかけていき、その曲の想い出話し等、真理ちゃんや酒井政利さんが語りました。
  酒井政利さんと真理ちゃんのとの会話はかみ合わず、少しずれてしまうようなところが多々ありました。
  それが可笑しくて会場内から爆笑をさそっていました(笑)。

  当時の真理ちゃんはマスコミから言われも無き非難中傷の嵐の中にいました。
  南沙織ちゃんも同じくマスコミから非難中傷を受けていたそうです。
  そこで酒井政利さんは南沙織さんにマスコミからの非難中傷に戦っていく、
  決意があるかとの問いに南沙織さん「はい戦っていきます」と返事をしたそうです。
  決して私はまちがっていない…と
  その決意がシングル『純潔』を生み出したそうです。
  でも真理ちゃんは、生まれながらの優しい性格なのでしょうか、マスコミからの非難中傷に戦っていく決意には
  たてなかったそうです。
  
  70年代の歌謡音楽業界は今では比べようのないほど、厳しい論評があったそうです。
  そのような中では真理ちゃんの歌に対する評価は大変厳しいものがありました。
  やれ音痴だの、音程が外れているだのとの酷評がされていました。
  もしそうなら40年の時を経た今、真理ちゃんの歌がこれほど、評価されることはありません!

  また真理ちゃんと山本リンダさんってとても親しい間がらだったそうですね。
  リンダさんは真理ちゃんのマンションへ行ったこともあるそうです。
  そこでリンダさん自分の付けまつ毛が重いと外していたそうです。
  真理ちゃんは山本リンダさんのことを、真の同士、ライバルだと思っていたそうです。
  真理ちゃんと山本リンダさんって、そんな関係だったなんて思いもよりませんでした。

  それと1971年、なかにし礼さんの作曲『白い週末』を真理ちゃんと、アンルイスさんとどちらにするか、
  との選択があり、アンルイスさんが選ばれ、真理ちゃんは悔しくて家で涙を流したそうです。
  真理ちゃんは当時は話し相手があまりいなく、一人で悩んでいたことが多かったそうでね。

  公演の2部ではいよいよベスト10の発表です。  
  1位・水色の恋 2位・ひとりじゃないの 3位・想い出のセレナーデ 4位・恋する夏の日
  5位・虹をわたって 6位・若葉のささやき 7位・ふたりの日曜日 8位・小さな恋 
  9位・なごり雪 10位・愛のアルバム 。

  真理ちゃんご自身の好きな曲は「水色の恋」「虹をわたって」「ひとりじゃないの」だそうです。
  そして1位に輝いた『水色の恋』を最後に今回のミュージアム講座は終了いたしました。
  最後に劇場の職員と思われる若い女性から真理ちゃんに花束の贈呈がありました。
  すると多数のファンの方たちもステージの前に行き真理ちゃんや酒井政利さんに花束の贈呈をしました。
  会場内からは惜しみない拍手と声援がおこり、真理ちゃんは感激のあまり目に涙をうかべていたようです。
  そして真理ちゃんは静かにステージを後にするのでした。


  今回も初めてお会いするファンの方達にお会いできて好かったです。


コメント

ありがとうございました

春の風さん、おはようございます

昨日は、代々木上原の改札口までお出迎えくださり(偶然でしょうか?~爆笑~)、いろいろお話の相手もしてくださって、本当にありがとうございました。

それにしても、本当に大盛況でしたね。今でも、興奮の熱が冷めやらぬ状態です。

また、今回も見事なご報告をすでにされておられるのですね。本当にさすがです。

私も、あちらで徐々に拙いですが報告を載せていっておりますので、またご覧いただければ幸いです。

これからも、よろしくお願いいたします。

真の同志について

春の風さん、はじめまして。
私も昨日は代々木上原で幸福な一日を過ごせた幸せ者です。A^_^;)

すばらしい報告を感謝します。
さて、一部分、私の記憶違いでなければ、春の風さんの思い違いと
おもわれる箇所がありますので書かせていただきます。

酒井さんの芸能界に親しい友人がいたのかとの質問で、真理ちゃん
は山本リンダさんが来宅されたと答えたのですが、酒井さんが話を
まとめて、天地真理さんにとっての真の同志とは、天地真理、小柳
ルミ子、南沙織の、当時三人娘と言われたライバル関係だった、と
言われたのではないでしょうか。山本リンダさんのことを真の同志
とは言っていないと思います。

真理ちゃんから自分の真の同志は山本リンダさん、と言ったのなら
そのとおりなのでしょうが、酒井さんが話をまとめて、真の同志と
は・・・・となったので、酒井さんが山本リンダさんを真の同志と
言うはずがありません。

私も記憶で書いているので、何か間違っていたら訂正してください。

それにしても、古賀ミュージアムのけやきホール(260席くらい?)
が満席になって補助席もでていたなんて、すごいですね。ラストの
真理ちゃんコールとものすごい拍手で真理ちゃんが泣き顔になって
両手を振るので、私も声にならない声をあげ、涙を流しながら手が
痛くなるほど拍手していました。その状況に酒井さんが驚きの表情
で客席を見回していたのが印象的でした。

記憶に残る素晴らしい一日を過ごせたことを真理ちゃんに感謝しま
す。それと真理ちゃんの子守歌がCDになるといいですね。楽しみ
です。

感動しました

春の風さん、いつもながらの早速の報告、有難うございます。
講座の最後に劇場職員の女性・そして多くのフアンから花束の贈呈。惜しみない拍手と声援。
豚カツさんによると補助席が出る満席と、真理ちゃんコールと物凄い拍手・声にならない声をあげ
手が痛くなるほど拍手をした・・・
会場内の雰囲気が良く分かり、感動しました。
長いブランクが有っても今だにこんなにフアンに愛されてる天地真理さん、素晴らしいですね。
みんなこの方の人間性が大好きなんでしょうね、きっと。
イベントが大盛況大成功だった事は本当に嬉しい限りです。
これからもずっと応援して上げようと心に決めています。
ご報告有難うございました、そして安心しました。

本当に偶然ですね^^

こんにちは仁さん。
昨日は大変お疲れさまでした。

駅の改札口で仁さんとお会いできるなんて夢にもおもいませんでしたよ(笑)
私が声をかけたら不審そうな表情をしていましたね(笑)
そりゃぁそうですよね、知らない土地に来て知らない人間に話しかけられば…
でも私が春の風ですと言ったら直ぐ分かってくれたので安心しました。
こちらこそいろいろお話をしてくださりありがとうございます。
それにしても関西方面から来て二次会に出るなんて凄いバイタリティーですね。

私も仁さんの報告書も楽しく拝見しております。
いったいいつまで続くのでしょうか?(笑)

Re真の同士について。

こんにちは、豚カツさん。
コメントありがとうございます。
あれ?豚カツさんにコメント頂くのは二度目だと思いますよ。
昨日のミュージアム講座は本当に素晴らしかったですね^^
私も昨日の感激の余韻は未だに冷めやまぬものです。

ところで真の同士についてのことですが、三人娘《真理ちゃん小柳ルミ子さん・南沙織ちゃん》
これは当時の事務所やマスコミが作り上げたもののようです。
営業的にもその方が好いのでしょう。

昔から御三家・元祖三人娘・新御三家などもそのようです。
ですので真理ちゃんは、ルミ子さんのことは別に何とも思っていなかったと仰っていました。
逆にルミ子さんのほうが真理ちゃんを意識していたと。
真理ちゃんから真の同士、ライバルは山本リンダさん、太田裕美さんですと仰ったと記憶しています。
あるいは酒井政利さんが真理ちゃんの気持ちを代弁したのかもしれません。

最後のラストシーンは本当に感動的でしたね。
私も夢中で拍手をしてしまいました。

ぜひこの感動を全国の真理ちゃんファンに…

こんにちは、平和さん。
いつもコメントありがとうございます。

いつも東京で真理ちゃんのイベントがあり、他の方面の方達には申し訳ない気持ちです。
ですのでこんな私の報告でもお役にたてればと思うと嬉しいです。
会場内で聴く真理ちゃんのCD音源は迫力そのものでした。
今度、東京でイベントがありましたら、いらしてください。
平和さんにお会いできるのを楽しみにしています^^

72年ごろの匂いを

昨日の酒井さんと真理ちゃんのコメントは爆笑が絶えず
楽しい談義となり大変楽しみました。
酒井さんの内容には直球で返さず真後ろからくるような
返答に相当迷った感じがなんともいえず面白い。
真理ちゃんは、「なんくるないさー」の精神なのかもしれない。沖縄ことばで「そんなの気にすることない」という意味でそんなこといちいち気にするなということです。真理ちゃんはリズムをとりながらリラックスしている雰囲気で本当に楽しいそうであった。
昨日、「虹をわたって」のテレビ番放映の録画されたものをファンの友人から頂いた。感謝、感激です。
早速もう一度見た。真理ちゃんが輝いてまぶしいの一言
です。暖かくなったらロケしたところ歩いて72年ごろ
の匂いが感じられたら最高です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

v-266イッチーです♪ 昨日は、隣席でお邪魔致しました。 憧れの春の風さんにお会いできまして、嬉しかったです。 250人以上かと?チョウ満員でしたね。 凄いですね、真理ちゃんの人気は。
歌が聴きたかったけれとも、ピアノの名演奏が聴けてとても良かったです。
緊張している割には、ミスタッチもなく、素晴しい「水色の恋」の演奏でした。
曲を聴くときには、体を左右に振っていましたね。ニコニコ(笑)ながら・・・ でも、そうすることによって、真理ちゃん自身も、緊張がとれたと思います。

私も最後のときは、おもいっいきり拍手を致しました。あとで、手が痛いくらい・・・
真理ちゃん、真理ちゃんコール。
退場するときに、舞台の袖口カーテン前で、泣きながら花束を抱えて、何回もお辞儀をしていた姿に心を打たれました。 それでは。

追伸です。
★Re真の同士について。

天地真理さんは、真の同士は、ライバル意識は山本リンダさん、とか 太田裕美さんですと思っていました。と言っています。
しかしながら、酒井さんは、真理さんは山本リンダさんとか太田裕美さんとか言っていますが本当はこの2人(小柳ルミ子/ 南沙織)がの真のライバルはであると・・・お互いが戦う仲間として・・・戦う仲間が必要なんです・・・ライバルが居てこそ、その触発合戦が起きてこそフアンに応えられる・・・とお聞きしました。

楽しい対話でした。

こんばんは、熊五郎さん。
いつもコメントありがとうございます。

本当に真理ちゃんと酒井政利さんの会話は絶妙なやりとりでしたね(笑)
事前に打ち合わせなどあったのでしょうか?
それともアドリブ無しだったのでしょうかね。
それにしてもとても楽しい対話でした。

お会いできて好かったです。

こんばんは、イッチーさん。コメントありがとうございます。

当日は風邪とまた地震のなか東京までお疲れさまでした。

私の方こそ大人気のイッチーさんにお会いできて嬉しかったです。
お会いするまでは、どんな方なのかと思っていました。
実際お会いしてみたら、どこかの会社の重役さんみたいで、とても風格があって驚きました(笑)

>250人以上かと?チョウ満員でしたね。

そんなに入っていたんですか~ いや~年々ファンの方が増えているようですね。
真理ちゃんもさぞ嬉しかったことでしょう。このままの勢いが続くようがんばりたいです。

本当にピアノ演奏は大変素晴らしかったですね。
ご自分の曲を聴くときは体を左右に振ってリズムをとっている真理ちゃんがとても可愛いかったです^^
最後の真理ちゃんの退場シーンは本当に感動でした。

それと『真の同士』のことでコメントを頂きありがとうございました。
それではまたお会いできる日を楽しみにしています。

有難うございます。

★春の風さん、いま、確認いたしました。
色々とお気遣いをさせてしまいましたね。
御礼申し上げます。
今後ともよろしくお願いします。

佐々部清映画監督

春の風さん、こんばんは

改めて、先日(1/28)はありがとうございました。

ところで、あの日、佐々部清映画監督が一般参加で来られていたのをご存知でしょうか?

まだご存知でない方は、監督のサイト「ほろ酔い日記」に是非アクセスなさってみてください。
http://www.sasabe.net/hidiary/hidiary.cgi

監督、真理ちゃんのことお好きなようですよ。
ちなみに、この情報はchitaさんによってもたらされたものです。

現役の映画監督が来場されるなんて凄いです。

こんばんは、仁さん。
いつもコメントありがとうございます。

私の方こそ当日はありがとうございました。
佐々部清監督「ほろ酔い日記」ご紹介ありがとうございます。

ところでご紹介された佐々部清監督はあまり存じていませんでした。
でも現役の映画監督が来場されるなんて凄いですね。
若い時の佐々部清監督はスリムでカッコいいですね^^

佐々部清監督のBBSを見ましたが仁さん、平和さんが早速コメント入れていますね。
私も近いうちにコメントを入れたいと思います。

chitaさんコメントありがとうございます。

chitaさんコメントありがとうございます。

あれ?コメントご自分で削除されてしまったのですか?
昨日は帰ってくるのが遅くて返信ができませんでした。
遅れて申し訳ありません。

ところで佐々部清監督がご自身のBBSで「ほろ酔い日記」で大勢のファンの方のブログで当日のもようを書いています。
とのコメントにchitaさんから佐々部清監督は春に風さんのブログも見ているはずです。
とのコメントを頂き大変嬉しく思います。

私みたいなしがないブログでも映画監督が見ているとしたらとても光栄です。
ありがとうございました。

うっかり削除してしまいました!

ちょっと編集しようとしたら削除を押してしまいました。お騒がせしました。

 ところで、天路圭子のことをWEBで検索していたら、次のような情報を得ました。
 アンルイスの「白い週末」は、71年2月25日発売です。この時期、当時人気絶頂の辺見マリ主演の「めまい」(1971年3月20日封切、松竹)に、「斉藤マリ」名で、真理さんがチョイ役(妊婦役)で出ているということです。
 昨年3月に、銀座シネパトスで、斎藤耕一監督の映画の一つとして、上演されたそうです。

 私は、今日初めて知ったので、今さらながら、驚いているのですが、この「めまい」の真理さんの画像は見たことありますか。

安心しました^^

こんにちは、chita さん。
コメントありがとうございます。
FC2ブログって間違ってへんなところを押すと全部消えてしまうんですよね。私も何度も泣きました(笑)

ところで、辺見マリ主演の映画「めまい」は当時ヒットしていた辺見マリさんの歌(めまい)を
タイトルにした歌謡映画のようです。

そのなかで、スーちゃんやミキちゃんなどが出ていたそうです。
この映画は渡辺プロが主導になって制作されたようなので渡辺プロの関係者が多く出ていたそうです。
真理ちゃんも出ていたと噂になっているようです。

残念な事に、私もこの映画での真理ちゃんの画像は見たことがありません。
この映画での真理ちゃんは少しポッチャリしていたそうですね^^

また出演者は小川ひろみさん、早瀬久美さん等も出ていましたね(TVドラマ・俺は男だ)で有名なお二人です。

ひとりじゃないの

春の風様
紅白で「ひとりじゃないの」を歌ったときの、真理ちゃんを、ほとんど定期的に観ていますが、
何度見ても感動が尽きません。想えば、この動画が、再発見のはじまりでした。
彼女の魅力は、このときの圧倒的なオーラと歌唱力、そして、明るく溌剌とした見事なステージ
さばきに集約されているような気がします。

もちろん、「時間ですよ」とか「ひょうきん族」の彼女も本当に素敵ですが。

この国の至宝ですよ、この方は。スーパーアイドル&スターとして、彼女に匹敵する人は
いません。

ひかり輝いています。

こんいちは、My Way さん。
いつもコメントありがとうございます。

この時は72年の紅白で真理ちゃんは初出場でした。
また紅組のトップバッターでの出場です。
白いパンツルックのスーツで眩しいほどの笑顔で「ひとりじゃないの」を歌いました。

やはり白いスーツの衣装にしたのは白雪姫をイメージしたのでしょうか。
白雪姫といえば、司会の宮田輝さんから歌い終わった後に真理ちゃんに、
貴女は白雪姫と呼ばれているそうですね、と聞かれ真理ちゃんは「はいそうです」と
照れながら答えたのが印象的でした。

私の好きな歌

春の風さん、お昼時にこんにちは

昨年の今頃一番好きだった真理ちゃんの歌は、間違いなく「恋する夏の日」でした。

それが、今では随分変わってしまいました。

「恋する夏の日」は今でも好きですが、それでも、なかなか上位には来ない感じです。

今は、「虹をわたって」「あなたが教えてくれた歌」「矢車草」「ギターをかかえて」辺りが、大のお気に入りですね。

以前あちらでのお誘いに応じてくださり、本当にありがとうございました。

今は本当にお忙しいのでしょうね。心身の健康には是非ともお気をつけください。

失礼します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

東京は雪が降ってきました。

こんばんは、仁さん。
いつもコメントありがとうございます。

今日の夕方から東京は雪が降ってきました。どうりで寒いわけです。

ところで「恋する夏の日」は真理ちゃんの代表曲のようですが、実は「ひとりじゃないの」がもっともセールスを記録した曲のようです。

私の真理ちゃんの印象に残っている曲は「或る日突然」と「風」です。
何故こんな名曲が真理ちゃんのレコードに集緑されていないのか不思議でなりません。
いやもっとフォーク、ポップスの名曲が多数あるのに残念でなりません。

非公開さんへ。

こんばんは、非公開さん。

>お返事したけど削除かな?

えっ?削除した覚えはありませんよ。

>お顔見てますが、〔HN.〕わからずすみません。

はい私は春の風と申します。

こちらこそお会いできて好かったです。
これからも宜しくお願いします^^

「風」とか・・・

春の風様
お久しぶりです。皆さん、年度末でお忙しいのでしょうか。人ごとではないですが。私の再発見の原点は、紅白の「ひとりじゃないの」でして、今でも物凄いオーラと歌唱、ステージさばきに圧倒されます。つぎは、同じ紅白での「思い出のセレナーデ」。歌い始めから終わりまでが、ひとつのストーリーのように感じられ、とくに終盤に差し掛かるあたりの微妙な微笑みは、(文字通り)食い入るように見つめてしまいます(笑)。しかし、確かに、他にも知られていない歌唱で、素晴らしいものがたくさんありますね。「風」とかは、まったく知りませんでした。You Tubeにアップされているのでしょうか。とにかく、知れば知るほど、本当に素晴らしいの一言に尽きる方ですね。まだまだ、彼女の魅力・才能の、ほんの一部しか知らないように感じます。

いい年をした、それなりに見識のあるオジサンたちが、真理ちゃんファンで有り続けたり、再発見しました~~!と私のように騒ぐ人が出てくるのにも理由があるというわけですね(笑)。それにしても、20歳やそこらでスーパースターとなり、ゲイノウカイで親一人子一人で長年にわたって闘い続けたなんて、信じ難いとしか言いようがないです。人間の姿をした天使?天使のような人間?人間臭い天使?なんとも形容し難いですが、キーワードはやはり”天使”かな・・・



私の場合は…

おはようございます。
My Way さん。いつもコメントありがとうございます。

今の時期は寒いので冬眠中です(笑)
私の真理ちゃんの再発見は「あの素晴らしい愛をもう一度」です。
私はこの歌が大好きなので、いろんな歌手の歌を聴いていましたが、あるひ真理ちゃんのファーストアルバムにこの歌が入っている事を知り、早速中古レコード店へ行き購入しました。

初めて聴く真理ちゃんの「あの素晴らしい愛をもう一度」は今迄聴いてきたどの歌手よりも素晴らしかったのです。
この歌は失恋の歌だそうですが、真理ちゃんが歌うと希望に満ちあふれているような気がします。
そしてなんと思いやりのある歌唱なのでしょうか。それも19歳の女の子が歌うなんて感動してしまいました。

それと真理ちゃんの歌う「風」はYou Tubeにアップされていません。
勿論この真理ちゃんの歌う「風」もとても素晴らしいです。

ありがとうございます

春の風さん、お久し振りです。

『古賀ミュージアム。酒井政利のJポップの歩み』の報告記事、とてもわくわくして拝見させていただきました。

東京在住の方からすると、外国のような土地に住んでいる(笑)私にとっては、とても貴重な情報源です。

真理さんのピアノ、おしゃべり、退場時の涙などなど、本当に生で見たかったです。そして、会場の雰囲気と一体になりたかったです。

でも、こうして春の風さんを始め、ファンの皆様方の貴重な投稿のおかげで、皆さんと一緒に会場にいるような気分にさせてくれます。

またお邪魔させてください。(^^♪

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.