天地真理 春の風が吹いていたら

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

             真理ちゃんのデビュー森光子さんとの運命の出会い!

2013-03-07
未分類
kk.jpg

gh.jpg
gh1.jpg
df.jpg


  運命の森光子さんと出会い、そこから天地真理、白雪姫伝説が始まったのでした。

  去年(2012年)の11月10日に森光子さんがお亡くなりになりました。
  森光子さんといえば真理ちゃんを発掘した大功労者です。
  また私生活においても大変、真理ちゃんを可愛がっていました。

  ドラマ「時間ですよ」オーデション  
  ドラマ「時間ですよ」では堺正章さんの相手役として「さっちゃん」という役をつくり、このタレントさんを募集していました。
  偶然にも?そのオーデションの最終日(1971年6月)にマネージャーと共にTBSに向かったのでした。
  でも真理ちゃんは、その「さっちゃん」役には向かないと落とされてしまいました。
  そのようなわけで、後の「二階のマリちゃん」役は当初は全く予定には無かったのです。
  しかし森光子さんの計らいにより急遽「二階のマリちゃん」役でデビューが決まったのでした。

  嵐のような反応ぶり
  真理ちゃんがドラマ「時間ですよ」に映し出された時間は、ほんの1~2分たらずのアッという間の瞬間でした。
  ぼんやりしていたら見過ごしてしまいそうな役だったのです。
  それなのに第一回目からもの凄い反響ぶりでした。
  「あの子はなんという娘ですか?」「歳はいくつですか?」「あの娘の略歴をおしえて!」「現住所と電話番号は」…
  そんな手紙や電話による問い合わせがTBSに殺到しました。
  わずかのワン・シーンでしたが、真理ちゃんの可憐な姿に人々は完全に魅せられてしまったのでした。
 「あまりの可愛さにハッと息をのんでしまいました」「これまでのタレントさんには無い新鮮さ…」
  まさに嵐のような反応ぶりでした。

  TBS関係者談
  まったく予想外の受けようでしたね。嬉しい誤算でしたよ。
  マリちゃんが登場するとパッと場面が明るくなりますからね。

  この番組にとって真理ちゃんは、サシミのツマのような存在だったからです。
  そのサシミのツマの真理ちゃんに視聴者からどっと問い合わせが殺到したものだからTBSの驚きようといったら大変なものでした。

  念願の歌手デビュー
  そして同年10月1日に真理ちゃんはアイドル歌手として「水色の恋」でデビューしました。
  この「水色の恋」の大ヒットにより、真理ちゃんの冠番組『真理ちゃんシリーズ』が誕生しました。
 「真理ちゃんとデイト」「となりの真理ちゃん」「とび出せ!真理ちゃん」「アタック真理ちゃん」
 「はばたけ!真理ちゃん」の5シリーズが1971年~1975年にかけて放送されました。
  内容は主に人形たちと共に真理ちゃんが童話等のテーマを歌劇で演ずるものでした。


  人間の運命ってわからないものですね。
  歌手を志して渡辺プロに入った真理ちゃんが、歌より先に役者として脚光を浴びたのですから…
  でも考えようによったら「時間ですよ」に出演しなかったら歌手、天地真理のスタートも変わっていたかもしれません。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 春の風 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。